意識とは無意識という大海に浮かぶ小舟のようなもの!無意識の鍛え方

意志や意識というのは、無意識という大海に浮かぶ小舟のようなものです。

頭に浮かぶ考えは無意識からもたらされています。
意識というのは無駄なおしゃべりをしているだけです。
電車に例えれば、意識が乗客で無意識が運転手なのです。

なので無意識を鍛えることが重要です。

たとえば、自動車の運転は慣れてくると無意識の自動運転になります。
最初のうちは意識的に運転をするのでぎくしゃくとした感じになります。
でも運転に慣れてくるとスムーズな運転になります。
そのためには何回も繰り返す必要があります。

やりたいと思っても続かない場合は、無意識がやりたくないからです。

その場合は、違うことをやってみるといいと思います。
何でもいいので、得意技を見つけることです。
すぐにうまく出来なくてもいいので、諦めずに何回も続けられることが得意なことです。

人生のあらゆる方面にバランスよくゴールを設定するのがバランスホイールです。

ひとつのことだけでなく、あらゆることを試してみることです。
そうすることで、無意識の自動運転で出来ることが増やせるのです。バランスホイールの目的は、いろんなことが平均的に出来る凡庸な人間になるのではありません。
むしろ、一つの分野で突出した才能を発揮させることなのです。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺 実

(Visited 102 times, 3 visits today)