今の自分のままでもうまくいくと思えるようになります!

コーチはクライアントの可能性を肯定します。

無条件の温かい尊敬の念をもってクライアントに接します。

言葉や雰囲気でクライアントの自尊心を上げていきます。

そのことで、クライアントに安心感が生まれます。

今の自分のままでいいんだと思えるようになります。

大切なのはゴールを設定することです。

今の自分のままでも達成方法が分からない程大きなゴールを設定しても構わないのです。

大きなゴールを設定しそこに向かう中で、あなたは自然と変わっていきます。

残念ながら、多くの人は味方になってくれる人が近くにいません。

特に、親は良かれと思って、もっとこうしたほうがいいとアドバイスしてきます。

親の言うことは、多くの場合正しい。

これは事実です。

現状のあなたに対するアドバイスとしては、痛いほど的を射ています。

でも、あなたの可能性が大きく制限されてしまいます。

親は現状のあなたしか見えていないからです。

コーチと親の違いは、マインドの上手な使い方を知っているかどうかです。

親は、もっと努力しないと成功できないと言います。

コーチは、今のままでも成功できると確信しています。

クライアントには無限の可能性あることを前提にコーチングをします。

自尊心がないと何をやってもうまくいきません。

今の自分には能力があることを肯定出来るようにするのがコーチの役割です。

あなたが重要で価値のある人間だと思えば、自然と周りの人の反応も変わっていきます。

それには、自分には価値があると認めるだけでいいのです。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺 実

パーソナルコーチングセッションの進め方について

(Visited 34 times, 1 visits today)