今の自分がめちゃくちゃで何のとりえもなくても・・・

パーソナルコーチングのセッションでは、時間は未来から過去に流れます。

そう考えると、過去に縛られることはなくなります。

なぜそんな話をするのかといえば、今までの自分がこうだったからという基準で未来を考える人が多いからです。

子供のころ勉強が嫌いだったから希望校に行けなくて、今はうまくいっていない。

子供のころ勉強が得意だったから希望校に合格出来て、今は幸せだ。

いずれのパターンも過去の自分を基準に未来を考えています。

でも実際はそうではないのです。

未来のあなたのイメージを過去を基準に考えるのは間違えです。

時間は未来から現在そして過去に向かって流れていきます。

1時間前の出来事は、1時間後には現在になります。

現在から1時間後には、1時間過去になります。

あなたは過去から未来に向かっているのではなく、未来のほうがどんどん自分のほうにやってきているのです。

そして、過去の出来事は時間がたてばたつほど、遠くに流れていくだけです

今まで何一つうまくいかなかったとしても関係ありません。

今の自分がめちゃくちゃで何のとりえもなくても、大丈夫です。

あなたにとって大切なのは、未来だからです。

現在のあなたも過去のあなたの記憶も時間がたてばたつほど遠くに流れていくだけです。

そうイメージすると、過去の記憶はあなたには何の影響も与えません。

大切なのはこれからやってくる未来です。

未来に働きかけることが最も重要です。

パーソナルコーチングセッションでは、あなたの未来に対する働きかけを行います。

そのために最も必要なことは、過去にとらわれないことです。

今までのことは忘れて、白紙の状態で理想の未来について考えることです。

それは、今、幸せだと感じている人にとっても同じです。

自分は本当は何がやりたいのか?

家族や仕事や健康状態のことはいったん忘れて考えてみることです。

過去や現在の状況に縛られないで自分の本当にやりたいことをイメージします。

それが未来に対する働きかけです。

その時、コーチはあなたにとって最大の味方になります。

あなたを100%肯定します。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺 実

パーソナルコーチングセッションの進め方について

(Visited 32 times, 1 visits today)