無意識を活性化させるゴール設定のやり方

ゴールを設定したら、ゴールを情報空間に置いておきます。

ただポンと置いておくと無意識が活性化しやすくやります。

意識的にゴールを設定する方法を考えると、Have Toになってしまいます。

それを防ぐためには、無意識に働いてもらう必要があります。

そうすると、ゴールに関係するやりたいことが見えてくるようになります。

本を読んで知識をつけたり、実際にやってみるといいと思います。

大切なことは常にゴールを探し続けることです。

ゴールを設定してもやりたいことが出てこないことがあります。

それは、ゴールが現状の内側の可能性があります。

現状の最適化のゴールだと無意識が働いてくれません。

なぜならば、現状と変わらないゴールを設定しているからです。

自分はこうなりたいというゴールだとうまくいきません。

自分以外のなるべくたくさんの人や環境を良くするゴールだと無意識がクリエイティブになります。 人が喜びを感じるのは自分以外の人と喜びを分かち合えた時です。

そのためのほうが無意識が本気になるのです。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺 実

(Visited 78 times, 1 visits today)