無意識を使ってお腹の調子を良くする方法

無意識を使ってお腹の調子を良くする方法とは?

まず最初に、リラックスした意識状態を作り、手と手を合わせて手の温かさを感じる。

右手が左手の温かさを、左手が右手の温かさを感じる。

温めた手をお腹に当てると便秘や肌荒れが良くなる可能性が高くなります。

すべてのカラクリは、無意識にある物を意識に上げることです。

これを認知科学的では、共感覚による内部表現の書き換えと定義されています。

そのような奇跡を起こすカラクリが説明されています。

それを「Rゆらぎ」といい、その具体的なやり方が「無意識を意識に上げる」「モーダルチャンネルを変えて提示する」ということになります。

今回は、難しい定義ではなく実践的にどうすればいいのかという話をします。

その効果は、お腹の調子を良くするだけではありません。

理想の未来を実現する方法論も含まれています。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺 実

(Visited 13 times, 1 visits today)