エフィカシーが高いとはどういう状態ですか?

エフィカシーとは、自己のゴール
の達成能力の自己評価です。

エフィカシーが高いと、
設定したゴールが達成できます。

「自分だったら必ずできる」
という信念があるからです。

それには、根拠は必要ありません。

エフィカシーのいいところは、
他人評価が一斉入らないところです。

自分で設定したゴールが達成されるか
どうかを自分で決めていいのです。

自分で設定したゴールに従って
積極的に行動して、うまくいかなくても
諦めたりしません。

何か違う方法を探したり、何か違う
事にチャレンジするのです。

また、一時的にうまくいかなくても
精神的なプレッシャーに押されて
不安になることはありません。

自分が必ずうまくいくという信念
を持っているからです。

エフィカシーが高い状態の人は、
凄いゴールを普通に淡々と
達成させてしまいます。

高ぶっていたり尊大な態度の人や
いつもハイテンションな人が
エフィカシーが高いとは言えません。

当たり前にできることを当たり前に
やるのだから心はいつも穏やかです。

すぐに結果が出なくても気にしないで
待つという態度が習慣になっています。

よく言われるのは、「失敗はない」
から何も恐れることはないという事です。

たとえば、ゴールが達成された場合と
達成されなかった場合の両方を
イメージします。

まずは、ゴールが達成された時の
高揚感をイメージします。

次に、ゴールが達成されなかった場合
をイメージします。

ゴールが達成されなかった場合は、
ゴールが達成された時に
イメージしたものがありません。

ただそれだけです。

たとえば、失敗して破産したとか
人間関係がなくなったとか
ストレスで病気になってしまうとかは
単なる妄想にすぎません。

もしそうだとしたら、何か勘違い
をしています。

ただ単純にゴールが達成された世界が
あるかないかと考えるのです。

だから、失敗はないのです。

あくまでも自分でゴール設定して
自分が達成できると思い込んでいる
仮想空間の出来事だからです。

ゴールが達成されない=悲劇ではなく
設定したゴールが未来にあるかないか
という事にすぎません。

情報空間とは、そのようにできています。

ゴールが達成できなくても
何も奪われるものがないのなら
たくさんのゴール設定をして
エフィカシーを上げておけば
そして、達成されるまで根気よく
待つことが出来ればうまくいきます。

エフィカシーが高い状態とは、
冷静に当たり前なように凄いゴールを
淡々とこなしていく状態のことです。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺 実

(Visited 7 times, 1 visits today)