ニコニコしながらゴール設定するとうまくいく理由とは?

ゴールを設定してゴールの世界を
イメージするとドーパミンが出て
きて気持ちがよくなります。

脳は気持ちがいい世界のほうに
行こうとするのが常です。

なので、いつもドーパミンが出て
気持ちのいい状態を作りましょう。

というのがゴール設定です。

どんなに素晴らしいゴールでも
気持ちよく感じないとワーク
しないのです。

だから、現状の最適化以外のゴールで
考えただけで脳でドーパミンが分泌される
ようなゴールを設定する必要があります。

その場合は、仮のゴールでいいので
ノートに毎日書き込みましょう!

そうすると毎日が気持ちよく過ごせる
ようになります。

うまくいかない場合は、まずニコニコ
して毎日を過ごすことです。

これで脳が騙せます。

人はうれしいから笑うのではなく
笑うからうれしくなるのです。

この脳の特性を生かすのです。

いつもゴールを探しながら
すでにゴールが見つかって
うれしくて仕方がないという
気持ちで毎日を過ごします。

人の表情は、表情筋が緩んで笑顔に
なると脳がうれしいんだと判断して
ホルモンが出てうれしいという感情が
生まれます。

だからどんな状況でも笑顔で
ゴールを探していると
いいゴールが見つかりやすくなります。

それだけでなく、笑顔が周りの人に
ホメオスタシス同調を起こして
周りの人も笑顔になります。

いつもリラックスして笑顔でいる
だけで影響力が強くなります。

ゴール設定をしているだけで
周りの雰囲気がよくなるように
なれば言うことなしです。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺 実

(Visited 2 times, 1 visits today)