現状の外側のゴールを見つけるコツ!【苫米地式コーチング】

未来の自分に対する期待値を最大にして、
今の自分に対する期待値を思い切り
下げることです。

そして小さなことに対して
大げさに喜びましょう。

たとえば、一日に1個ゴールを設定したとしても
1年間続けたら365個のゴールを見つけた
ということになります。

これはすごいことです。

10個ゴールを設定したら
自分に何か小さなご褒美を与える
というゲームにしてみたらどうでしょう?

そのくらい気軽にゴールを設定
していくといいです。

今の自分に対する期待値を下げて
ひとつでもゴールを設定したら
大きく喜びましょう。

そうすると脳はゴール設定をしたら
褒めてもらえることを学習して
ゴール設定という行為が楽しくなります。

私たちは今の自分にプレッシャーを
かけて、もっと頑張らなければと
思うことがよくあります。

そのくせ、未来は今の延長線上にある
と思いがちだから、
途中でやる気がなくなります。

そうではなくて、未来の自分に対して
期待値をマックスにするのです。

最高の理想を実現できている未来の
自分を確信して、そのための今の
行動の結果に対しての期待値を最小
に抑えるべきなのです。

ゴールを設定して、少しでもいいので
自分が成長できたと思えたら
大げさに自分を褒めていいのです。

「イエス、アイム、グッド」です。

なぜ喜んでいいのかといえば
未来の自分が成功していることを
確信しているからです。

未来の自分が成功しているので
未来の自分の視点から見たら
今の自分に何が起こったとしても
それは、成功に導く出来事だったと
認識されるのです。

だから、今の自分にプレッシャー
をかけないで
気楽にゴールを設定し喜びましょう。

フィードバックを正確にとって
少しでも視野が開けたり、
自分の成長を感じたら喜びましょう。

その繰り返しの結果、現状の外側の
真のゴールが見つかるかもしれません。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺 実

(Visited 1 times, 1 visits today)