ゴール設定をルーティン化しましょう!【苫米地式コーチング】

ゴール設定をルーティン化しましょう。

そうすれば、毎日ゴールを探すことが
楽にできるようになります。

たとえば、紙とペンを枕元に
おいておいたらいかがでしょうか?

寝る前と朝起きてからすぐに
ゴールを書けるようにしておくのです。

行動経済学の結論で「人は長期的に
思考できない」というのがあります。

つまり、とても短絡的に判断し、
直前に見た物の影響を受けて
私たちは行動しがちです。

朝起きてすぐに目に付くところに
ノートとペンを置いておきましょう。

そして、気楽に自分の気持ちに正直に
ゴールを書いていきましょう。

昨日と同じゴールになっても
気にしないで書いていきます。

ゴールは誰にも言う必要はありません。

なのでくだらないゴールや
自己中心的なゴールでも
何でも構いません。

ゴール設定をしたからと言って
必ず達成させなければならない
というわけではありません。

ゴールは達成しそうになったら
さらに遠くのゴールへ再設定
する必要があります。

ゴールは達成させるために設定
するのではありません。

スコトーマを外し、新たな知識を得て
自分を成長させるためにゴールを
設定するのです。

だから達成のことは一切考えず
「自分のやりたいことは何なのか」
をノートに書いていきます。

日々の業務にとらわれすぎないで
ゴールを設定する事を最優先する。

そうすることで大きく飛躍できます。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺 実

(Visited 6 times, 1 visits today)