初めに言葉があった。言葉は神と共にあった。言葉は神であった。【苫米地式コーチング】

言葉一つで世界は
明るくも暗くなります。

「初めに言があった。言は神と共にあった。
言は神であった。」

ヨハネ1:1

聖書にはこのように記されて
います。

言葉には絶大な力があります。

言葉一つで世界は
明るくも暗くも変わります。

たとえば、

  1. 良いことが起こった時にどう考えるか?
  2. 悪いことが起こった時にどう考えるか?

この2つの問いについて考えてみましょう。

楽観的な人は、良いことがあると
これからも良いことが続くと思います。

悲観的な人は、これはたまたま起こった
ラッキーの結果だと思います。

そして、現実もその通りになります。

楽観的な人は、悪いことがあると
それは一時的なものですべてが
自分の責任ではないと思います。

悲観的な人は、悪いことがあると
全部自分のせいでこの悪影響は
一生涯続くと思います。

そして、その通りになります。

もしもあなたが悲観的だとすれば
これを機会に、現状を疑ってみる
必要があります。

頭の中で思い浮かぶ言葉を変えるだけで
あなたに見える世界は変わります。

たとえ、目の前の現実がひどいもの
だとしても、現実から目をそらしては
いけません。

目の前の現実の中に理想を見出すのは
頭の中で思うことを楽観的にすることです。

頭の中の言葉を変えるだけで、
あなたの未来は明るくも
暗くもなるのです。

ただいま30分間1万円でトライアルコーチングを受け付けています。

コーチングメニューは、こちらから!

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺実