年収のゴールを達成する方法【苫米地式コーチング】

年収のゴールを達成する方法は、
とても単純です。

年収の使い道を、明確にすることです。

たとえば、その年収で

  • 何を手に入れたいのか?
  • どんなことがしたいのか?

それが明確にならないと、
100万円なのか1000万円なのか1億円
なのか、ゴールの立てようがありません。

具体的に、こんなことをしたいから
これだけのお金が必要だ。

そんな風に考えると、
ゴールの世界の臨場感が上がり
無意識は本気になります。

ゴールに設定する年収の根拠が
曖昧だとゴールの世界を
思い浮かべられないので
無意識が働かないのです。

意識と無意識の関係でいれば、
無意識のほうが優位です。

意識的に頑張っている時よりも
ボーとしている時のほうが
クリエイティブになれます。

ゴールを達成するためには、
今までと違うことをする事
が必要になってきます。

それを探すのが無意識です。

不安な気持ちになったりして
それを邪魔するのが意識です。

なので、意識の働きを抑えて
無意識に仕事をさせたいのです。

そのためにはどうしたらいいのか?

それは、深い変性意識にはいる事です。

変性意識とは、臨場感が現状よりも
ゴールの世界のほうが強くなった状態です。

変性意識に入るには、呼吸を意識に
上がることです。

呼吸は意図的に意識に上げない限りは
無意識に行われています。

無意識に行われていることを
意識に上げることで、
現状に対する臨場感から
離れることが出来ます。

これを、「Rゆらぎ」と言います。

呼吸を意識に上げていくことで
深い変性意識に入っていけます。

感覚的には、夜に眠る時に
フッと睡眠に落ちていく感じです。

変性意識が深まるにつれて、
無意識の働きが強くなります。

その状態で、年収の使い道を
明確にイメージすることです。

たとえば、世界旅行に行きたいならば、

  • どこに
  • どうやって
  • いつ
  • 誰と言い来たいのか?
  • どんなホテルに泊まりたいのか?
  • それはなぜなのか?

そんな風にゴールの世界の臨場感を
上げていくことです。

十分にリラックスが出来ていなかったら、
現実的な基準で判断してしまいます。

常識から逃れるためには、
深い変性意識になることです。

そのためには、
呼吸を意識に上げるのが有効です。

ファメーションの手順は、こちらから

アファメーションの作り方は、こちらから

ただいま30分間1万円でトライアルコーチングを受け付けています。

コーチングメニューは、こちらから!

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺実