ゴールの世界の臨場感を頭に刷り込む方法【苫米地式コーチング】

ゴールの世界を明確にイメージ
することが出来たら、
そのゴールが達成されます。

明確にイメージするとは、
どういうことでしょうか?

頭の中でイメージを視覚化する
ために必要な事は、五感すべてで
感じるようにすることです。

主に使いやすいのは、視覚です。

ゴールの世界では、

何が見えるのか?
誰がいるのか?
周りの風景はどうなっているのか?

まずは視覚から入るのが基本です。

そこから、イメージを
聴覚に広げていきます。

ゴールの世界で、
あなたの周りにいる人は
何を話しているのか?

どんな声で話しかけてくるのか?

味覚もイメージするのに
使いやすい感覚です。

たとえば、目の前に置いてある
ペットボトルの水を飲んで
ゴールの世界の自分も同じ水を
飲んでいるのをイメージすると
水を飲むたびにゴールの世界の
臨場感が上がります。

アンカー(ゴールの世界の臨場感)と
トリガー(水を飲む)という関係になります。

ゴールの世界を視覚化するときに、
水を飲めばそれがありありと
イメージできるようになると
素晴らしいことだと思います。

ここ日大切なことは、感情が
想起されることです。

ゴールの世界に、喜びや期待や
狂おしさが感じられるようになれば
ゴールの世界の臨場感が上がります。

ゴールの世界に正しい感情を
意図的に刷り込むのです。

ゴールの世界の視覚化とは、
無意識にゴールの世界の臨場感を
刷り込んでいくことです。

そうすることで、ゴール達成に向けて
無意識が働いて、ストレスなく
行動できるようになります。

アファメーションの手順は、こちらから

アファメーションの作り方は、こちらから

ただいま30分間1万円でトライアルコーチングを受け付けています。

コーチングメニューは、こちらから!

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺実