過去の自分にサヨナラをして新しい未来に向かう方法【苫米地式コーチング】

私たちのセルフイメージは、
部屋の中を見渡せばわかります。

部屋の中には、自分にとって
重要なものが置いてあります。

自分の部屋を細かく細部まで
眺めると新しい発見があります。

もしかしたら、過去に必要で
今はもう必要ないものが
置いてあるかもしれません。

たとえば、

  • もう聞かなくなったCDやビデオ
  • もう読むことのない本
  • もう着ることがない洋服
  • もう使わなくなって埃をかぶっている物

このようなものを処分すると
頭がすっきりするだけでなく
自分の価値観を知ることが出来ます。

  • 何が自分にとって大事なのか?
  • 何がもういらないのか?
  • どうしていらなくなったのか?

そんなことを考えていると、
自分の進みたい方向が見えてきます。

つまり、目標を持つと言うことです。

目標を持つことは、生きるために
絶対に必要な事です。

そして、目標を達成するためには、
部屋の中を見渡して
必要ののないものを捨てて、
空いたスペースに、目標のために
必要なものを補充することです。

私たちは、自分が考えるものに向かい
自分が考える人間になります。

考えてみると、必要がなくなった物は
過去に誰かからの働きかけがもとで
部屋の中に置いてあるものばかりです。

これからは、自分で目標を定めて
自分の判断で必要なものを選ぶことです。

そうすることで、頭の中のイメージが
現実に反映されるようになります。

部屋が目標を達成するために必要な
イメージで満たされていきます。

新しい、今まで体験したことがなかった
写真や本や音楽や映画や物を手に入れて
未来のイメージと重ね合わせることで
新しい自分を手に入れることが出来ます。

特におすすめなのは、本を読むことです。

目標に関係のある本を読んで
知識を得ることで、
新しい目標が見えるようになります。

部屋の中にある古い記憶から逃れて
新しい未来の記憶を手に入れましょう!

ただいま30分間1万円でトライアルコーチングを受け付けています。

コーチングメニューは、こちらから!

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺実