無意識を味方につける方法【苫米地式コーチング】

ゴールを設定すると
達成方法が見えてくる。

そのように言われている
のに、何も変わらない。

それどころか、ゴールと
関係にないことばかりが
頭の中に浮かんでくる。

どうしたらいいのでしょうか?

それは、「うまくいかないかも」と
思っているせいです。

そう思っている限り、
無意識に回避的な行動をとる
事になってしまいます。

過去の失敗経験が
「失敗するかもしれない」
と思わせるのです。

クリエイティブアボイダンスは、
無意識がおこします。

「傷つきたいくない」

「痛みを感じたくない」

という過去の失敗に対する
記憶に影響を受けているのです。

それは、

たとえ失敗してもいいから
どうしても成功したい。

それが欲しくてたまらない。

というような欲求がないと
乗り越えることが出来ません。

どうすればいいのでしょうか?

それは、小さな成功を喜ぶことです。

ゴールに少しでも近づくための
前向きな結果が感じられたときは
思い切り喜びます。

「やったぜ、よくやった。素晴らしい」

笑顔で喜ぶことです。

そうすると、無意識はゴールに向かう
行動をいいことだと感じて、
ドーパミンが出るようになります。

ドーパミンは、行動を促すホルモンです。

その行動の結果、セロトニンという
ホルモンが出るようになります。

これは、幸せ感を感じさせる脳内物質です。

コールに関係のあることを
小さなことでもいいので、
笑顔で「やったー」と口に出して
喜ぶ癖をつけることです。

笑顔はとても大事です。
作り笑顔でもすごく効果があります。
楽しい気分になってきます。

楽しいから笑うのではなくて
笑うから楽しくなるのです。

そのように自分の行動を意図的に
デザインすることです。

無意識は、気持ちがいいほうを選択します。

過去の失敗を避けることから、
ゴールに向かって行動することのほうが
正しいのだと思うようになります。

小さな成功が積み重なることで
ゴールの達成方法が見えてくる
ようになります。

無意識の行動がゴール達成を
選ぶようになるからです。

ただいま30分間1万円でトライアルコーチングを受け付けています。

コーチングメニューは、こちらから!

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺実