ゴール設定の時にやってはいけない事とは?【苫米地式コーチング】

収入を増やすというゴールは、
達成が難しいゴールだと思います。

なぜなら、「収入を増やしたい」
という風には考えないで、
「収入を増やさなければならない」
という風につい考えてしまうからです。

私たちは、「何かをしなければならない」
と思うと、創造的にそれを避けようとします。

これを、クリエイティブ・アボイダンス
と言います。

また、人に何かを押し付けても、その人は、
やらなくてもいい言い訳ばかりを考えて
うまくいかない事がよくあります。

つまり、変わることを自分に課しても
相手に課しても、うまくいかないのです。

たとえば、お風呂がカビだらけになっている
とします。

でも、お風呂掃除は面倒なので
やりたくないのが本音です。

だったら、やらなければいいのです。

ひょっとしたら、誰かが代わりに
やってくれるかもしれません。

プロのお掃除の人にきれいにしてもらう
という方法もあります。

お風呂がカビだらけで耐えられなくなって、
お風呂の掃除が心からやりたくなった時、

初めて自分でやればいいのです。

やりたくないことは後回しにして、
やりたいことからやっていけば、
いいことです。

私たちは、やりたくないことを
しなければならない時は、
それを避けるために、とても
クリエイティブになります。

無理をしてやったとしても
中途半端な結果で終わります。

ゴール設定も同じです。

自分が本当にそう望む事以外を
無理に成長させようとしても逆効果です。

ゴールを設定することで、
素晴らしい結果がイメージ出来て

それが明確で目の前にあるように
リアルなイメージになった時に
クリエイティブにゴールを達成する
方法が思いつけるようになります。

つまり「しなければならないこと」は、
ゴールにはならないということです。

ただいま30分間1万円でトライアルコーチングを受け付けています。

コーチングメニューは、こちらから!

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺実