失敗を恐れないようにする方法【苫米地式コーチング】

私たちは、失敗を恐れるあまり
行動することが出来なくなります。

「もし失敗したらどうしよう」

そんな風に考えると、
悪い結果ばかりが思い浮かびます。

そのせいで、失敗を避けることばかり
考えるようになります。

自分の本当にやりたいことが
わからなくなってしまうのです。

やりたいことをやって、
最高の気分が得られるというような
イメージがわかなくなってしまいます。

それを防ぐには、
どうしたらいいのでしょうか?

それは、自分のベストをつくす事
に集中することです。

うまく行くかどうかよりも
結果を気にしないで
楽しむことが大切です。

自分の本当にやりたいことを
やっている時は、失敗しても
モチベーションが下がりません。

「次はこうする」「必ずうまくいく」
というセルフトークが生まれます。

何かをしたいという気持ちが、
あなたの想像力を引き出し、
隠された能力が発揮されます。

「とりあえずやってみよう」
と思うようになり、失敗を糧に
うまくいく方法を見つけるのです。

何かを達成する過程で
失敗なしに達成できる人は
誰もいません。

失敗から学ぶためには、
とりあえずやってみるしかありません。

何かを始める前から、
失敗しないように考えていても
うまくいかないのは、当たり前です。

「やってみたら出来てしまった」
そんな経験を何回かすることで
とりあえず行動することの
大切さがわかります。

やる前から考えれば考えるほど
現状維持になります。

あとさき考えないでやることでしか
いいアイデアは生まれないのです。

そのためには、最善の結果をイメージして
いつも素晴らしい気分を味わうことです。

失敗を恐れると、最悪の結果のイメージ
が生まれて最悪な気分になります。

そうではなくて、自分のベストを尽くして
小さなことで喜ぶことです。

ルー・タイスは、それを
「インベント・オン・ザ・ウェイ」と言いました。

ただいま30分間1万円でトライアルコーチングを受け付けています。

コーチングメニューは、こちらから!

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺実