相手との関係性を書き換える簡単な方法

私がコーチングに出会って変わったな
と思うことは、「人の話をきちんと聞ける」
そんな人になれた事です。

以前の私だったら仲良くできなかった
ような人と関係性を作れるようになりました。

具体的には、誰とでも笑顔で接することが
出来るようになりました。

コーチングに出会う前の私は、
何を話せばいいんだろうと考えてばかりで
結局何も思い浮かばず、うつむきがちでした。

でも、笑顔で人の話を聞けるようになり
そのことでいい関係性が作れるようになりました。

そのためには、自分に自信がないと
うまくいかないということに気が付きました。

いつしか何も話すことがなくても、笑顔で
相手の顔を見ていることに慣れていきました。

内面的に不安な感じでニコニコするのではなく
こちらが精神的に安定していることで、
それが相手に伝わりいい感じの関係か作れます。

最初のうちはぎこちない笑顔だったかもしれませんが
いつもニコニコしていると、相手のこちらに対する
認識も自然と変わっていきます。

経験的には、3回くらい笑顔で接することが出来れば
相手は無意識敵にこちらを受け入れてくれます。

つまり相手も笑顔になって
こちらと接するようになります。

そのためには、何を話すかは
あまり重要なことではありません。

相手の無意識は、
私の内面を写す鏡のような
感じがします。

相手との関係性とは、
こちらがどう思っているかで
決まります。

だから、自分をコントロールすることが
とても大事になってきます。

そのために大事なことは、
顔の筋肉を緩めることです。

実際、鏡で自分の顔を見てみると
いかに疲れた顔をしているかがわかります。

人は顔を見てこちらの情報をキャッチし
無意識的にどんな態度をとるのか決めています。

だから、夜寝る前に鏡で自分の顔を
見てニコニコする練習をするといいです。

最初はぎこちない笑顔でも
すぐに慣れて自然な笑顔になれます。

人と接するときはそのように振舞うことが
とても大切だと思います。

過去に自分と決別し、
新たな自分になる簡単な方法です。

ただいま30分間1万円でトライアルコーチングを受け付けています。

コーチングメニューは、こちらから!

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺実