他者に対するコーチングのコツ

セルフコーチングは、難しい。
そう感じている人が多いと思います。

実際その通りです。
むしろ他人に対するコーチングのほうが楽なのです。

自分の人生を良くするためには、
積極的に他人にコーチングをするべきです。

そうすることで、セルフコーチングが
ものすごくうまくいくようになります。

誰にでも簡単にできる他者に対する
コーチングのコツをお話しします。

それは、相手のことを褒めることです。
いいところを見つけて褒める。
ただこれだけです。

褒めると言っても具体的にどうすればいいの?

と思うと思いますので、
その方法をお話しします。

慣れてくれば、言葉に出す必要もなくなります。
頭の中で相手のいいところを褒めるだけです。

それだけで、ものすごく効きます。
相手の無意識がそれを感じ取ります。

ものすごく敏感に感じ取ります。
実際に経験すればわかります。

相手の話を聞きながら頭の中で
相手のことを褒めるだけです。

それだけで相手のエフィカシーが上がり
表情や目つきが変わるのがわかります。

前向きな発言が多くなっていき
将来のビジョンを語り始めるのです。

たとえば、相手の話を聞きながら
相手の鎖骨を意識に上げます。

そして、頭の中で褒めます。

  • 「うわー、すごくきれいな鎖骨ですね」
  • 「こんなきれいな鎖骨は生まれて初めて見ました」
  • 「鎖骨が美しい人は人間的な魅力にあふれて、
    いろんな人を引き付けるのは間違いなしです」
  • 「こんなきれいな鎖骨を私も持ちたかった」
  • 「本当にうらやましい限りです」

といった具合です。

無条件に褒めることが肝心です。

相手の話を聞いてそこからいいところを見つける。
これもなかなかいい方法です。

でも、

  • いきなり褒める。
  • 無条件に褒める。
  • 本気で褒める。
  • とにかく褒めまくる。

言葉に出すと、相手の無意識の抵抗があります。

だから、非言語で頭の中で褒めまくります。

とにかく、鎖骨でも大殿筋でも服装でも
性格でも見た目でも何でもいいので、
褒めてもめて褒めまくるのです。

これか相手のエフィカシーを上げ、
前向きな未来を考えさせるには、
一番簡単で誰にでもできるやり方です。

ぜひ、お試しください!

ただいま30分間1万円でトライアルコーチングを受け付けています。

コーチングメニューは、こちらから!

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺実