相手のエフィカシーを上げる方法

あなたが誰かのいいところを見つけて褒める。
すると、その人のR(リアリティー)がゆらぎます。

相手のことをよく見てRをゆらがします。
すると、臨場感世界の支配がはじまります。

その人がまだ気が付いていないいいところを見つける。
相手をよく見ていいところを認識します。

あなたがその人のいいところを意識に上げてもいいし、
その人の意識に上げさせても同じです。

その人のスコトーマが外れて、エフィカシーが上がります。
その人の抽象度が上がります。

内部表現の書き換えとは、Rをゆらがせることです。

厳密に言えば、Rがゆらいでいることを気付かせることです。
Rをゆらがそうとする必要はありません。

その人がまだ気が付いていないいいところを見つける。
それが相手のエフィカシーを上げる方法です。

言葉にして褒めてもいいし、
あなたの頭の中で意識に上げても同じです。

出来れば非言語が望ましいです。
でも、相手が素直な人なら言葉を使うのが有効です。

あなたが頭の中で考えることは、
あなたの内部表現の中で現実化します。

あなたが臨場感世界を支配することで、
相手とホメオスタシス同調が起きます。

そうすると、相手の無意識に影響を与えて
少し時間差があって現実化します。

大切なのは丹念にフィードバックをとることです。
練習が大切です。

うまくいくかどうかは、あなたの確信度しだいです。

相手のいいところを見つけて意識に上げる。
それが相手のエフィカシーを上げる方法です。

ただいま30分間1万円でトライアルコーチングを受け付けています。

コーチングメニューは、こちらから!

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺実