ビジュアライゼーションのコツ!

ビジュアライゼーションは、過去の記憶をゴールの世界と合成することで臨場感が上がります。

過去の「うれしい」「楽しい」「気持ちいい」記憶を引っ張り出してゴールの世界の自分と合成します。

たとえば、未来に年収1億円を達成している自分を映像化して、過去の「楽しい」記憶と合成します。
そうすると、今目の前の現実に「年収1億円を稼いでいて楽しい自分」という臨場感が生まれます。

今、確かに「年収1億円を稼いで楽しい自分がいる」というリアリティーが現状よりも強くなれば、無意識が1億円の稼ぎ方を探すようになります。

現状のリアリティーのほうが強ければ、無意識は現状を維持するように働き、年収1億円のゴールの達成方法はスコトーマに隠れてしまいます。

それでは、ゴールの世界をリアリティーを上げるにはどうしたらいいのか?

それは、アファメーションを使うことです。
アファメーションは、臨場感を上げるのに役立ちます。

アファメーションは、一人称で今、達成しているという内容にします。
たとえば、「私は成功する機会に常に気づき、とてもクリエイティブに1億円を稼ぐ方法が見えるのですごく毎日が楽しい」
という感じです。

これは、先ほどのビジュアライゼーションの世界の自分の姿を言葉で表現したものです。
このようにアファメーションとビジュアライゼーションを一緒に使うことでゴールの世界の臨場感を上げることが出来ます。

まとめると

  • ステップ1 過去のポジティブな記憶をゴールの世界と合成して新しい記憶を作る
  • ステップ2 ビジュアライゼーションをした世界にいる自分の姿をアファメーションのルールに従って表現する
  • ステップ3 ゴールの世界の自分の臨場感が上がりゴールの達成方法が見えてくる

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺実