ゴールの達成方法が見えてこないのはなぜですか?

「ゴールの世界の臨場感が上がると達成方法はあとから見えてくる」

と聞いて、毎日アファメーションをしています。

でも、アファメーションがうまく機能しない。
ビジュアライゼーションをやってもダメ。
セルフトークのコントロールを試したけど、現実が変わらない。
という悩みをよく聞きます。

それを解決するための知識をお話しします。
これを知れば、うまくコーチングが機能するかもしれません。

コーチングとは、

  • ステップ1 現状の外側にゴールを設定する。
  • ステップ2 ゴールの世界の臨場感を上げて、エフィカシーを上げる。
  • ステップ3 そうすると、ゴールの達成方法が見えてくる。

簡単に言えば、これだけです。

ゴールの世界の臨場感を上げる方法として、「アファメーション」「セルフトークのコントロール」「ビジュアライゼーション」があります。
この3つのテクニックを使って、ゴールの世界の臨場感を上げていきましょう。
というとてもシンプルな方法論です。

厳密に言えば、この3つのテクニックの使いたかた異なります。

1、アファメーション

アファメーションは、ゴールの世界の自分のセルフイメージを強化するテクニックです。
ゴールの世界そのものの臨場感を上げる訳ではありません。

アファメーションは、ゴールを達成した理想の自分の姿をアファームする(受け入れる)ことです。
そうすることで、望んでいる結果に結び付いた行動を取れるようになるのが目的です。

2、セルフトークのコントロール

セルフトークのコントロールは、第一にエフィカシーを下げるのを防ぐために行います。
つまり、ネガティブなセルフトークをしないことが最優先です。

次に、正しいセルフトークをすることです。
そうすると、エフィカシーが上がり、ゴールを達成する方法が見えてきます。

3、ビジュアライゼーション

ビジュアライゼーションは、イメージで未来のゴールの世界の自分のリハーサルをします。
ゴールの世界の自分のアティチュードと新しいハビットを明確に思い浮かべます。
ルータイスの法則「I×V=R」は、ここで使われるテクニックです。

そして、気持ちのいい過去の情動をそのイメージに貼り付けます。
そうすることで、未来のゴールの世界がコンフォートゾーンになります。

今回は、ゴールの世界の臨場感を上げる方法の違いについて、お話ししました。
参考になれば、幸いです。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺実