勉強が嫌いな人が成功する方法

私達は、学校教育の弊害で勉強させられてきました。
具体的には、宿題とかテストとか受験勉強とかです。

学校では、いじめの問題もあります。
そのせいで不登校になる人もいます。

それが終わると、就職活動が待っています。
例外はありますが、それが当たり前な世の中に生きています。

みんながそうだからといって、疑いうことなくそのパターンにはまって生きています。
進学も就職もしないと世間では、落ちこぼれ扱いです。

高校卒業よりも大学卒業のほうが就職した時に、生涯年収は2~3倍多いのも事実です。
だから、良かれと思って親は進学や就職を進めます。

勉強はしたくないけど、親や学校に言われて勉強をする。
多くの人は学校を卒業したら、収入が多くて安定した就職先、たとえば、大企業や公務員をめざす。

それがうまくいかないと、自分は勉強が出来ないと思い自信を無くす。
もしそうだとしたら、少しは世間の常識を疑う事も必要です。

勉強が出来ない人や収入が低い人人はダメという世間の常識のほうが間違っています。
表面的に学校や会社で適応できているように見える人も劣等感を持って生きています。

自分と他人と比べ始めるとキリがありません。
競争に巻き込まれてしまうと、すべての人が敗北者です。

あなたが勉強ができる出来ないは関係ありません。
それは過去の話です。
コーチングでは、過去は一切関係ありません。

勉強嫌いな人でも、好きなことがあるはずです。
好きなことを極めるのに努力はいりません。

たとえば、私の場合はアメコミフィギュアが好きで結構はまっていました。
アメコミとは、スパイダーマンとかアイアンマンとか映画にもなっています。

私は、アメリカにフィギュアつながりで知り合いが出来ました。
そして、フィギュアを直輸入で手に入れていました。
日本では手に入らないような珍しいフィギュアです。

それをヤフオクで売って儲けていた時期がありました。
月に10万円くらいはいっていたと思います。

日本全国でフィギュアつながりが出来て楽しくやっていました。
アメコミフィギュアの知識は、その時に何の努力もなく手に入りました。

たとえば、ディズニーのキャラクターでシンデレラをご存じだと思います。
シンデレラのガラスの靴の実寸大のレプリカがアメリカだけで売られていました。

これが欲しいという人が日本に多くて、直輸入で売るとたいそう喜ばれました。
徐々に値段が跳ね上がり、5万円で売っていたのが10万円にまりました。
仕入れ値は、2万円くらいだったので儲かりました。

こんな具合に、好きなことに関する知識は努力なしでも手に入ります。
受験勉強やいい就職先とは無縁の世界があります。
それは、趣味の世界です。

勉強が嫌いでも趣味を極めると楽しくて感謝されながらお金も儲けられます。
勉強嫌いな人でも趣味の世界を極めると成功出来るのです。

世間の常識という狭い世界にとらわれることなく生きていきたいものです。
あなたが好きなことに関する知識を極めれば、それは達成できます。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺実