どうすれば、無意識が書き換わりますか?

ゴール設定を難しく考えている人が多いと思います。
ゴールはもっと気楽にラフに設定してください。

ゴールを設定したからと言って、必ずやらなければならないということはありません。
ゴールは、ただ設定するだけでいいのです。
それだけで、無意識が変わります。

ゴールを設定するという行為に意味があります。
出来そうとか出来なさそうとかは心配しなくても構いません。

自分にとってふさわしい状態は何だろうと考えることが大切です。

たとえば、私の場合

  • 年収を1000万円にしたい。
  • 美人で性格のいい人知り合いになりたい。
  • 年に半分は海外旅行をして遊んでいたい。
  • 人が振り向くほどの若々しいスタイルになりたい。
  • 音楽家になって世界中をして演奏旅行で回りたい。
  • 純白のメルセデスベンツとプール付きのマンションを所有したい。
  • 政治家になって世界を変えたい。
  • 砂漠を緑化して地球の環境を良くしたい。
  • ヒーリング能力を身につけて病気の人を助けたい。
  • 火星の王になりたい。

など、なんでもいいのです。

毎日毎日ゴール設定をすることに意味があります。
まじめに考えて一つにゴールを絞ることはありません。

私たちは、いつの間にか心を他人からプログラムされて生きています。
そのせいで毎日が同じ繰り返しになってしまっています。

たとえば、「ゴールを設定してもしそれが達成できなかったらダメな奴だ」という風にプログラムされています。
そのせいでゴールを設定するのを避けようとしてしまいます。

ゴールは人に言う必要はありません。
自分の心を変えるためにゴールを設定します。
達成するためではありません。

ゴールを設定したら、ノートに書き留める必要もありません。
後で見返してエフィカシーが下がるくらいなら書く必要はありません。

大切なことは、自分にとって何がふさわしいかを無意識に教えることです。
他人から書き込まれた情報を自分で書き換えるために、ゴールを設定します。

おすすめなのは、一日中ゴールを設定することです。
日々の雑事よりもゴールのほうが大切だと無意識教えることです。

「あなたにとって何がふさわしいのか?」
それをあなたの無意識にプログラムするのがゴール設定です。

環境を変えるのではなく、先に心を変えていきます。
半分冗談なゴールが含まれているくらいでちょうどいいのです。

ゴールを設定することで心の中で何かが変わっていきます。
それは、化学反応のようなものでランダムに変わっていきます。

フィードバックをとりながらゴールを設定し続けることです。
「ゴールは設定することに意味がある」
そのことをきちんと理解できるようになると、本当に現実が変わります。

コンフォートゾーンが自分のふさわしい所に書き換わります。
現状から自分にとってふさわしい場所に自然と移動します。

移動できないのは、うまくいかなかったらどうしようと思うからです。
それは、環境から先に変えようとするからです。

ゴールを設定するのは、心を書き換えるためです。
ゴールを設定する時点で、出来る出来ないは一切関係ありません。
ゴール達成を信じる必要もありません。
大切なのは、ただゴールを設定することだけです。

そのために自分に問いかけることは「自分にとって何がふさわしいのか?」です。
シンプルなとこをシンプルに繰り返すことです。
無責任に半分冗談でたくさんのゴールを設定してください。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺実