Rゆらぎってなんですか?

Rゆらぎを理解すれば、相手の内部表現の書き換えが出来るようになります。

相手に影響を与え、支配可能になる技術です。

知っておいて損のない知識になります。

RゆらぎのRとは、リアリティーのことです。

リアリティとはその人(自分自身も含めて)がリアルだと感じていることのことです。

それを揺らがすのが、Rゆらぎです。

具体的には、相手が無意識に感じていることを意識に上げさせます。

そうすることで、相手の無意識に影響を与えることが出来るようになります。

たとえば、相手の着ている服をほめるとRゆらぎになります。

「今日の服はとてもお似合いですね」

そんな風に言われることで、相手は服を意識しはじめます。

相手の無意識だった服が意識に上がることで、相手のRがゆらぎます。

このことは相手の無意識に大きな影響を与えます。

つまり、相手のリアリティーをあなたの言葉で支配することが出来るようになります。

「そんなこと言って、何か下心でもあるんじゃないの?」

と言われたとしたら、

「そんなことはありませんよ。本当に素敵ですよ」

そんな風に会話を続けることで、相手の無意識はさらにあなたの言葉に支配されていきます。

相手のことをほめるのは、Rゆらぎの一例です。

相手のRをゆらがせることが出来れば、相手に対する影響力が生まれ相手を操作可能になります。

これを、内部表現の書き換えと言います。

私たちは、日々、会話をすることで相手のRを揺らがせ、お互いに内部表現の操作をしあっています。

このことを知っておくことで、いろんなことに応用が可能になります。

騙されにくくなるし、相手に影響を与えやすくなります。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺実

メルマガ登録で限定公開の動画「他者の内部表現の書き換え方」をプレゼント!メルマガ登録は、こちらから