コーチを選ぶ時は何を目安にすれば良いのですか?

自分に合ったコーチを選ぶ方法について、私の経験からお話しします。

私は最初、苫米地式コーチングの認定講座を受講しました。
苫米地式コーチングの認定講座があるのを知ってから12時間後に「受講しよう」と決断しました。
説明会とかにも一切参加せずに決めた覚えがあります。
受講料は365万円と高額なので12時間くらいどうやって受講料を工面しようかと悩んだと思います。
受講すること自体は、即断でした。
どのマスターコーチの講座を受講するのか決めた時も、直感でした。
すぐに決まりました。
これは、ゴールを設定するときの感覚て似ています。
「これなんだ」というのがはっきりと分かるのです。
私の場合は、認定講座で初めて田島コーチとお会いしてそのことを確認した感じです。

苫米地式コーチングコーチング認定講座の初日のことは今でも覚えています。
その日、私は朝5時くらいに目が覚めてワクワクしながら講座が始まるのを待っていました。
始まる1時間くらい前には会場に到着し、気持ちを落ち着かせる前に喫茶店に入りました。
すると、そこに田島コーチがいたのです。
初めてお会いしたのですが、サイトで顔写真を見ていたのですぐに分かりました。
実は私は、人見知りで初めての人にこちらから声をかけるという事はまずありません。
でも、その時は違いました。
まるで引き寄せられるように、田島コーチのところ行って、私のほうから声を掛けました。
そうすると田島コーチのほうも普通に話をしてもらえました。
昔からの知り合いと話すときのように、気軽にコーチングについてお話しすることが出来ました。

ゴールを設定するとスコトーマが外れてゴールにとって重要なものが見えるようになります。
ただ見えるようになるわけではなく、重要なものを引き寄せてくるという感覚が私にはあります。
朝の5時から目が覚めていて、「早く田島コーチに会いたいな」と私は思っていたわけです。

コーチの選び方は、あなたのゴール設定次第だと思います。
コーチを選ぶ前に、あなたがゴールを設定していればどのコーチを選べばいいかは自然とわかるものです。
直感でこの人がいいとわかり、あとで「やっぱりそうだったんだ」と確認する感じです。
だから、コーチの選び方を考える前にゴール設定をすることです。
キチンとゴールが設定すれていれば、直感ですぐに分かるものです。

尊敬するコーチの存在は、あなたのマインドの中で永遠に生き続けます。
困ったことがある時は、私の場合だと「田島コーチだったら、こんな時にどうするだろう」と考えることで答えが見つかります。

パーソナルコーチングを受けるのは、その時の記憶を心に刻み付ける事です。
つまりアンカリングの作業です。
その意味で、コーチは厳選する必要があります。
あなたがゴールを設定できていたら直感で「この人がいい」と分かるようになるというのが答えです。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺実

メルマガ登録で限定公開の動画「他者の内部表現の書き換え方」をプレゼント!メルマガ登録は、こちらから