10、現状のブリーフシステムを壊せ!(スコトーマ)

現状のブリーフ(信念)を壊すことで、大きなビジョンを持ち実現させる事が可能になります。

あなたのブリーフがあなたの限界を作っているからです。

たとえば、

  • 「自分には出来ない」
  • 「無理だ」
  • 「諦めている」
  • 「どうせうまくいかない」

などのブリーフがあるとしたら、それらがあなたの限界を作っています。

それがブリーフシステムとなりあなたの現状を作っています。

ブリーフシステムについては、こちらから

つまり、今の現状に慣れ親しんでいるために、問題が見つけられなくなっているのです。

たとえば、あなたが今乗っている車について考えてみましょう。

自分に正直になれば、新車でグレードも高く乗り心地が良く静かで快適な車のほうがいいと思うはずです。

でも、とりあえず故障もしていないし、きちんと目的地まで行くことができるから、今のままでいい。

そんな風に思っているとしたら、自分で限界を作っていると考えるべきです。

人には現状を維持したいという本能があります。

そのため、どんな状態にも慣れてしまい、現状から抜け出せなくなるのです。

そんな現状を抜け出す一番の方法は、ブリーフを変えることです。

何を達成するかはほとんどの場合、何を信じるかによって決まる。

ルー・タイスは、そう言っています。

ルー・タイスについては、こちらから

現状のブリーフを壊すという課題は、スコトーマと関係があります。

スコトーマとは、眼科の用語で、盲点のことを言います。

人間の思い込みがスコトーマを作ります。

たとえば、あなたは家を出る時にカギが見当たらなくなってしまったことはありませんか?

あなたは、約束の時間があるのにカギが見つからなかったら、かなり焦ると思います。

いたずらに時間が過ぎていき、さらに焦りが募っていきます。

最後にはもうあきらめて、遅れる適当な理由を考えているときに、テーブルの上に無造作に置かれているカギがあったりします。

私たちは、そういった体験を多かれ少なかれしています。

なぜ、目の前にあるのに見えなかったのか?

それは、カギがないというブリーフ(思い込み)が障害となって、スコトーマができてしまったのが原因です。

「カギがない」と自分に強く語りかけることが、カギがないというブリーフを作り、その通りの現実が作られたわけです。

これが、スコトーマの原理です。

現状のブリーフシステムを変えない限り、あなたは常にこれまで受け入れた世界だけを見続けることになります。

それ以外の世界は、スコトーマになって目に入らなくなります。

ルー・タイスは、それのことについてこう言っています。

スコトーマがあると、見たいものだけを見させ、聞きたいものだけを聞かせ、考えたいことだけを考えさせます。

「彼らには勝てないよ、勝てるわけがない」「彼女はデートなんてしてくれないよ。絶対に」などこうした選択肢の排除の例はどこにでも見られます。

一つの意見、信念、態度に縛られると、自分の信じるものに対してスコトーマを作ります。

ものを見る時に先入観にとらわれ、何をするにも習慣にとらわれます。

ブリーフシステムを壊すこととスコトーマの関係について考えると、次のことがわかります。

それは、あなたがいくら頑張っても、あなたが今見ている世界が昨日と同じなら、現状を抜け出して不満を解消することが出来ないということです。

現状を抜け出す方法は、今のあなたの現状の中にはなく、スコトーマがかかって見えなくなっている現状の外にあるからです。

現状で見えている方法を実践しても、現状を抜け出すどころか、ますます現状を強めてしまうのです。

それでは、どうすればいいのか?

それは、ゴールを現状の外に設定することです。

現状の外側のゴール設定については、こちらから

現状では達成する方法がわからないような、将来こうなったらいいなと思うるようなゴールを考えることです。

私たちは、何か目的を待った時に、それを達成する方法を先に考えてしまいます。

方法を考えてから実行に移すほうが効率的だと、教えられてそのための訓練を受けています。

その考え方に慣れ親しんでいます。

現状を抜け出し、現状からかけ離れたゴールを達成しようとする時にも、ほとんどの人がそう考えてしまいます。

そのため、達成方法がわからないゴールを思い浮かべることが出来ません。

たとえ出来たとしても、しばらくするとそのことは忘れてしまいます。

「方法は考えずに将来こうなったらいいなと思うゴールを考えましょう」といってもよくわからないのです。

でも、現状の外側のゴールを達成する方法は、現状の中では見つけられないのです。

それは、理想的な現状は、あなたが本当に望むゴールではないということを意味します。

それでは、どうすればいいのでしょうか?

ゴールを正しく設定することで、スコトーマが外れ、達成方法が後から見えてきます。

そのために必要なことは、現状のブリーフシステムを壊すことです。

現状のブリーフシステムを壊せば、スコトーマが外れ、あなたが本当に望む将来の姿が見えてきます。

その方法は、アティチュードを変えることです。

アティチュードを変える方法は、こちらから

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺 実

11、ポジティブなセルフトークをする(セルフトークのコントロール)