情報空間へのアクセスの方法【苫米地式コーチング】

情報空間へのアクセスは誰でも日常的に行っています。

あなたが何かを思い浮かべたら、それは情報空間にアクセスしたといえます。

本を読んだり映画を見たりすることは、情報空間へのアクセスです。

誰かと話をしても、それは情報空間へのアクセスです。

物理空間とは、目で見て触ることが出来る空間です。

情報空間の抽象度の低いとことが物理空間です。

つまり、情報空間と物理空間は同じものです。

だから、あなたがティッシュボックスを認識したら、それは情報空間へのアクセスです。

そして、ティッシュボックスを手でつかんで移動させたら、情報空間の操作をしたということです。

それと同じことが、あなたが思い浮かべたことでも起こります。

世界はあなたが考えたようになるのです。

 

問題なのは、あなたがどの情報空間にアクセスするかです。

情報空間には、膨大な種類と大きさがあります。

それをあなたは選ぶことが出来ます。

お金持ちになる情報空間や誰からも好かれる情報空間もあります。

もし出来れば、あなたが「これが出来たら死んでもいい」と思えるような情報空間にアクセスしたいものです。

 

情報空間で起こったことは、物理を書き換えます。

本や映画や人との出会いで人生は変わります。

ゴール設定とは、情報空間へのアクセスです。

24時間365日アクセスしていたいと思えるような情報空間を見つけましょう。

ゴールの世界の住人になることです。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺 実