相手の無意識にメッセージを伝える方法【苫米地式コーチング】

あなたが誰かに好意を持った。

そして、仲良くなりたいと思ったとします。

そうすると、好意は相手に非言語で伝わります。

相手の無意識に伝わります。

 

次に、好きな相手と仲良くしている世界をイメージします。

その時に大切なことは、臨場感の高さです。

そして、あなたの頭の中で心地いい世界を何回もリハーサルをします。

相手とどんな関係を持ちたいのか具体的にイメージしていきます。

友達だとしたら、どんな友達関係が理想なのか?

恋人だとしたら、どんな恋愛関係が理想なのか?

 

同じくらい大切なのは、抽象度の高さです。

自分中心ではなく相手の幸せを考えます。

あなたは相手にどんな機能を果たしたいのか?

そのことについて考えます。

 

たとえば、私の場合だと相手の心を自由にしたい。

というゴールを設定しましました。

そのためにマインドの上手な使い方について興味を持ちました。

そうするといろんな情報が集まってきます。

私の場合は、ゴールを達成するためにコーチングとかヒーリングの知識が得られました。

スコトーマが外れて今までできなかったことが出来るようになりました。

 

まずは、好きな相手と知り合いになることです。

あなたの存在を相手に認識してもらうことです。

それが出来たら、好きな相手に対して機能をぶら下げます。

私はあなたの心にいい影響を与えられますよ。

というようなメッセージが相手も無意識に非言語で伝わります。

 

相手はあなたに好意を持つようになります。

あなたの頭の中で考えていることがすべてです。

そして、自己中心ではうまくいきません。

相手を幸せにできる関係を臨場感高くイメージすることです。

 

相手は、あなたの好意がうれしいのではなく、あなたとの関係性が気持ちいいのです。

あなたのことが必要な人だと思われるようになります。

そのようにすると、好きな相手との関係性を操作できます。

相手の内部表現が書き換わります。

あなたと好きな相手が仲のいい世界が実現します。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺 実