現状の外側のゴール設定の感覚とは?【苫米地式コーチング】

コーチングとは、現状の外側にゴールを設定して、エフィカシーを上げることです。

エフィカシーとは、自己のゴールの達成能力の自己評価。

たとえば、年収200万円の人が5000万円の憧れの高級車をローンで買ったとします。

毎年の返済額は、1000万円。

そうしたら、どうなるでしょうか?

人は、現状の外側のゴールを設定すると不安になります。

現状のままでは、ダメだからです。

自分自身が変わらないといけなくなるからです。

これが現状の外側のゴール設定の感覚です。

でも、絶対に大丈夫。

私なら必ず返済できる。

という具合に不安に打ち勝つことが出来るのがエフィカシーです。

エフィカシーが高い状態だと、人はとてもクリエイティブになります。

ゴールの達成方法は見えてきます。

パーソナルコーチングでは、あなたにマインドの上手な使い方を教えます。

つまり、現状の外側にゴールを設定して、エフィカシーを上げていく作業です。

そうすることで、あなたは現状から逃れ、理想の人生に変えていくことが出来ます。

苫米地式コーチング認定コーチ 気功師 渡辺 実