IQをアップさせて世界を書き換えるには?【苫米地式コーチング】

知識は情報空間にあります。

私たちは知識を言語で認識します。

知識とは、可能世界から可能世界への到達関数です。

可能世界とは、ゴールの世界です。

可能世界とは、現状でもあります。

その中の一つが選ばれて今があります。

臨場感の高い世界が選ばれます。

 

知識を得ることで私たちは現状を変えることが出来ます。

ゴールを設定することで知識が手に入ります。

スコトーマが外れてゴールに関する知識が見えるようになります。

そのために誰かに会ったり本を読んだりすることです。

そして、まずは頭の中でゴールの世界の臨場感を上げていきます。

 

ゴールの世界は情報空間にあります。

物理空間(五感で感じられる世界)では、触れられない想像の世界にあります。

情報空間を認識して操作する能力をIQといいます。

私たちは、知識を得ることでIQをアップさせることが出来ます。

たとえば、他人の情報空間を認識して操作する能力が得られます。

共感覚による内部表現の書き換えといいます。

 

内部表現とは、その人の認識している世界のすべてです。

その人の心と体、それから宇宙も含まれます。

内部表現を書き換えればすべてが変わります。

自己の内部表現も他者の内部表現も書き変えることが出来ます。

IQアップの具体的な方法については、メルマガに登録をお願いしています。

苫米地式コーチング認定コーチ 気功師 渡辺 実