あなたの物語を書き換えるには【苫米地式コーチング】

 

セルフコーチングとは、自分自身の物語を自分で書き換えるということです。

パーソナルコーチング(内部表現の書き換え)とは、クライアントが物語を書き換える手助けをしてもらうことです。

コーチは、クライアントの才能を見つけ、可能性を広げ、背中を押します。

たった一つの出会いや文章や言葉が人生を大きく変えるのです。

なぜなら、私たちの内部表現は言葉で出来ていて、それが集まって物語が形成されるのです。

 

たとえば、自分が絶対にできるはずがないと思っていることを、出来ているのを見ると、物語は変わります。

空手の大山倍達が、ビール瓶を手刀で真っ二つに割るのを見て、弟子たちも修行の末に手刀でビール瓶割出来るようになったそうです。

実際は、大山倍達はビール瓶に切れ目を入れていたそうです。

でも、結果的に弟子たちのエフィカシーが上がり、できないと思い込んでいたことが出来たのです。

 

多くの人がもつ自分の物語は、間違っている可能性が高いのです。

絶対に出来ないと思ったことが出来てしまうとは、まず内なる物語を書き換えることです。

あなたが信じたいストーリーを自分自身で見つけて書くことです。

あなたが過去に誰かから書き込まれたストーリーは記憶から消すことです。

そうすることで、新しいストーリーがあなたの心を揺り動かすのです。

 

私たちは、わかっているつもりでも、過去のストーリー(現状維持)に引きずられがちです。

パーソナルコーチングを受けてエフィカシーが上がり、新しいストーリーを受け入れることが出来ても、私たちはまだまだ古いストーリーに捕らわれています。

人間は死を前にすると、死を身近に感じるとストーリーが変わります。

人生には限りがあるということを実感すると、見える景色が変わるのです。

悔いのない人生のするために、いますぐ自分の人生の物語を書き換えることです。

時間は未来から過去に流れています。

あなたは、過去の物語に捕らわれる必要はありません。

苫米地式コーチング認定コーチ 気功師 渡辺 実