人に好かれる話し方【苫米地式コーチング】

人に好かれるには、あなた自身がどんな人が好きなのかを考えてみることが先決です。

あなたがどんな人が好きですか?

おそらく、あなたのことが好きな人が好きなのではないでしょうか?

好きな人と話すことは、リラックスして思ったことを何でも話せます。

つまり、リラックスが重要だということです。

人は他人の影響を受けやすいのです。

これは、行動心理学者のダニエル・カーネマンの著書に書かれています。

「人間は直前に受けた刺激に大きな影響を受ける」のです。

あなたがリラックスすると、相手もリラックスするのです。

これが、内部表現の書き換えのカラクリです。

相手がどんなに怒り狂っていても、あなたがリラックスしていれば相手も影響されるのです。

それに、怒りの感情は長くても20分間しか持続できません。

その場合は、怒りが通り過ぎるまで待てばいいのです。

相手から好印象を持たれるために、リラックスはとても重要です。

24時間リラックスをするトレーニングをするくらいがちょうどいいのです。

そのためのノウハウとしては、逆複式呼吸法があります。

これは簡単なので試してみてください。

「息を吸うときにお腹を引っ込めて、息を吐くときに脱力する。」

これを10回くらいやると自然とリラックスすることが出来ます。

そして、リラックスしながら「うれしい」という感情を記憶から引っ張り出します。

あなたが過去にうれしかった出来事を思い出し、その時の感情を再現するのです。

そうすると、その気持ちが相手に伝わり、相手も「うれしい」気持ちになります。

まとめると、1、逆複式呼吸でリラックスする。2、うれしい感情をキープするです。

人は直前に受けた刺激に敏感に反応します。

言葉を使わなくてもなぜか伝わるのです。

あなたにとって大切な人とのコミュニケーションをスムーズにすることが可能です。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺 実