なぜ多くの人がゴールを達成できないのか?【苫米地式コーチング】

 

どうして、多くの人がゴールを達成できないのでしょうか?

ゴール設定がうまくいくと、現状がどんどんいい方向に変わっていきます、

違う人間に生まれ変わります。

IQが上がりゴールを達成するための大量の知識がインストールされるようになります。

新しいことが始められるようになり、充実した毎日になります。

もし、そうならないとしたら、ゴールに対する知識が間違っているのかもしれません。

そこで、多くの人が知らない本当のゴール設定についてお話しします。


そもそもゴール設定は、達成することが目的ではありません。

ゴールとは、現状の自分から抜け出すための方便だと考えてください。

ありがちなゴール設定は、理想の自分の姿や周りの状況を思い浮かべることをします。

でも、現状の自分から見える理想は、現状の最適化にすぎません。

それをゴールにしてしまうと、ますます現状に縛られる結果になります。

ワンランク上の自分になるためには、現状の外側にゴールを設定するべきなのです。


では、現状の外側のゴール設定は、どうすればいいのでしょうか?

実は、明確なビジョンは、必要ありません。

現状の外側は見えないから現状の外側です。

具体的なビジョンが見えていたとしたら、それは現状の内側です。

だから、見えないのが正解です。

じゃあどうすればいいのか?

大切なのは、ゴールの世界の臨場感です。

たとえば、ビジュアライゼーションは、ゴールの世界の臨場感を上げるためのツールです。

うれしい、楽しい、気持ちいい、誇らしい、すがすがしいなどの情動が重要です。

現状よりもゴールのほうが心地いいと創造的無意識が判断すると、ゴール達成の方法を探し始めます。

そして、どうやったら達成できるかわからないけど、試行錯誤で行動している状態になります。

それがゴール設定がうまくいっている状態です。

つまり、現状から抜け出そうとしている状態です。


そうすると、ビジョンもなしにゴールの世界の臨場感があげられるのか?

という疑問がわくと思います。

たしかに、大まかな方向性は必要です。

多くの場合、自分を含めたたくさんの人と素晴らしい情動を共有している感じ。

そんなゴールの世界の臨場感が感じられるようになると思います。

つまり、私のゴールよりも私たちのゴールの世界の臨場感が強くなります。

例えば、戦争と差別のない世界というゴールは、どんな世界になるか想像できません。

そんな抽象度の高いゴール設定にすればいいということになります。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺 実

現状の外側のゴール設定【苫米地式コーチング】