自らのエゴを満たすために生きるのは悪いことではありません。【苫米地式コーチング】

私たちがコーチングをやっているのは、欲しいものを手に入れたいからです。
自らのエゴを満たすために生きるのは悪いことではありません。
むしろ積極的にエゴを満たすことをお勧めします。
理性的に考えてもゴールは見えてこないでしょう。

だから、心から望むゴールは正直に決めることです。
自分に正直になって考えることです。
ゴールを探すときは、情動が大事です。
それをどんどん増幅させることで本当のゴールが見えてきます。

まず自分を助けられない人は、他人を助けることもできません。
おいしいものが食べたい人の場合は、まずは自分がおいしいものを食べまくれるようになることです。
それから、抽象度を上げて世界の飢餓をなくすことを考えても決して遅くはありません。

自分を疑うこともたしかに大切です。
でも、最初は自己満足でもいいので自分を変えていくことです。
自己のエゴや自己満足を増幅させて、抽象度の階段を昇ればいいのです。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺 実