圧倒的な知識の量は臨場感空間の移動には不可欠です。【苫米地式コーチング】

パーソナルコーチングで重要なのは、クライアントのRを揺らがすことです。

クライアントと場を共有し、クライアントの臨場感空間をつかむこと。
そして、クライアントのRを揺らがします。

クライアントのRを揺らがす方法は、観察することです。
クライアントのセルフトークを意識に上げます。
頭の中でクライアントのセルフトークを唱えます。

そうするとクライアントのRは揺らぎます。
モーダルチャンネルを変えて提示したことになるからです。

クライアントを自分の縁起に取り込んで臨場感空間を支配します。
そして、クライアントのゴールを書き変えていきます。

クライアントの臨場感空間のを揺らがし、別の臨場感空間を示します。
そして、さらに違う臨場感空間に移動します。

そのために必要なことは、ほんの少しだけクライアントよりも抽象度が高いことです。
コーチは普段から知識のネットワークを構築しておくことです。
知識単体ではなく知識のネットワークです。

圧倒的な知識の量は臨場感空間の移動には不可欠です。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺 実