自己解放の方法【苫米地式コーチング】

私たちは幼いころから様々な思い込みをもって生きています。
それは、失敗の経験から形作られます。
無意識的に危険を避けようとする自己防衛反応です。

人前で自分の意見をはっきりという言うことが苦手な人が多いのはそのためです。
人の意見に合わせて行動したほうが危険が少なく暮らせるといった具合です。

これは、おおむね正しい場合が多いのですが、思い込みのせいで自分らしさが失われてしまう危険も生じます。
思考のパターンを変えない限り、窮屈な人生を歩むことになるでしょう。

自己解放をするためには、

ステップ1 やってはいけないと思っていることを思い出す。
ステップ2 その時どんな感情が生まれるか観察する
ステップ3 その感情が生まれた時の過去の状況を思い出す。
ステップ4 なぜやってはいけないと思ったか冷静に考えてみる。

実際にやってみると、自分の思い込みには明確な根拠のないことに気が付きます。
意識にあげることが出来れば、感情をコントロールできます。

他にも、やらなければいけないと思っていること、怖いと思っていることなどについても吟味します。
継続して行うとある日を境に大きな解放感を味わうことが出来ます。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺 実