ネガティブな緊張をポジティブな結果に変える方法【苫米地式コーチング】

あなたは、ゴールを達成するためにどれだけのエネルギーを自分から引き出すことができますか?

今回は、ネガティブな緊張をポジティブな結果に変える方法です。認知的不協和をゴール達成のためのエネルギー源として使うことができます。

ところで、あなたは自分についてどんなイメージを持っていますか?たとえば、私はスリムな体形をしている。私はいつも数学の成績はトップクラスだ。このような自分が自分に対して抱いているイメージのことを、セルフイメージといいます。

さっきの例で、急に太ったり、数学の成績が落ちたりしたら、ネガティブな気持ちになったり、緊張したり不快になります。そして、元の場所に引き戻そうとするアイデアとエネルギーが生まれます。

私たちには、このようにネガティブな緊張をポジティブな結果に変える力があります。

心理学者のレオン・フェスティンガーは、このネガティブな緊張を「認知的不協和」と名づけました。「認知」とは、考えや態度、意見、信念を意味します。「不協和」は、不和、緊張、不調和のことです。

フェスティンガーは、この2つの矛盾した考え、態度、意見、信念を頭の中に同時に抱えるたびに、「認知的不協和」が生じることに気が付きました。自分が強く信じていることに他人が反対の意見を述べた時、怒りを覚えるのはそのためです。

たとえば、部屋が散らかっていると片付けようとします。それは、自分でこうある状態だと思う部屋の状態に戻そうとする創造的無意識の活動です。

元通りにしないことには、イライラしたり落ち着かない気持ちになります。認知的不協和をなくすためにエネルギーが生まれ、部屋が片付くと認知的不協和が消えエネルギーは失われ落ち着いた気持になります。

あなたは、ゴールを達成するためにどれだけのエネルギーを自分から引き出すことができますか?ゴールを今のあなたではとても達成することができないくらい大きなものにすればするほど大きな認知的不協和が生まれ、より大きなエネルギーが生み出されます。

あなた自身が何かに慣れるのを許した時、エネルギーは失われてしまいます。

たとえば、お金がない状態になれてしまうと、そこから抜け出すエネルギーもアイデアも生まれないのでお金がない状態が続いてしまいます。お金持ちがあなたのセルフイメージではないからです。

ゴール設定とは、あなたが将来どんなことに慣れるのか決めることです。そして、ゴールの世界のセルフイメージを強く持つことで、現状の自分の状況との違いに「認知的不協和」が生まれます。現状は不完全で矛盾しているという感覚になります。

その結果、認知的不協和を消すために、創造的無意識が24時間働いてゴールを達成するためのアイデアと創造性が生まれます。

「認知的不協和」を起こすために必要なのは、現状のあなたよりもゴールの世界のあなたのセルフイメージを臨場感高くリアルにしていくことです。そのための技術が、アファメーションなのです。

アファメーションの作り方は、こちらから

参考にしていただけたら幸いです。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺 実