現状の外側にゴールが見つけられない人は【苫米地式コーチング】

今回は現状の外側のゴール設定についてお話します。

最初のうちは、現状の外側なんだから、見えないのは当然です。なので、慣れないうちは趣味のゴールを持ちましょう。現状で趣味のない人には特に効果的です。

コーチングでいう現状の外側とは、自己変革なしでは達成できないゴールということです。ゴールを設定するのは、「自己変革」を促すためでもあるのです。

自己変革とは、重要だと思っていることを変えていくこと。そうすることで、新たに自分の可能性を見つけられます。

私たちは、RASとスコトーマの関係で過去に重要だと思っていたことしか見ることができません。だから、あなたの新たな可能性は制限されています。

現状の外側のゴールを設定するためには、知識が必要です。昨日までのあなたが重要だと思っていなかった分野の知識を得ることです。たとえば、本を読む、映画を見る、人に会ってみるなどどです。

それと同じくらい重要なのは、新しい趣味を持つことです。新たな趣味を持つことも立派な自己変革です。趣味のない人は、「うれしくて楽しくて仕方がない」そんな趣味を探すことをお勧めします。

趣味は誰かの役に立つ必要はありません。ひたすら自分がリラックスして楽しむためのものです。脳がリラックスすれば、健康状態も改善します。

趣味の世界も奥が深く、完全に極めることは難しい。そういう意味では、現状の外側です。趣味の世界で遊ぶことで新たなゲシュタルトが生まれます。楽しみながらゴールの設定を理解することができます。

現状の外側のゴール設定については、こちらから

参考にしていただけたら幸いです。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺 実