パーソナルコーチングのセッションとは【苫米地式コーチング】

パーソナルコーチングのセッションで、コーチはあなたのエフィカシーを思い切り上げていきます。ゴール設定のお手伝いもしますが、コーチの主な仕事はあなたのエフィカシーを上げることにつきます。

エフィカシーとは、あなた自身のゴールの達成能力の自己評価です。私はゴールが達成できて当たり前というハイエフィカシーな状態のことです。

どうやってエフィカシーを上げるのか?それは、あなたとコーチが場を共有することです。無意識から無意識にハイエフィカシーな状態がダイレクトに伝わります。

コーチは、あなたと雑談や相談に乗ったりすることもあります。それは臨場感空間を共有するためのものです。臨場感空間が共有されていれば、コーチはほとんど無言でいいわけです。あなたの無意識は、コーチのハイエフィカシーな臨場感空間に圧倒的に影響を受けるのです。

パーソナルコーチングは月に1回、6カ月で6回のセッションが行われます。

あなたは、その間に思ってもみなかったようなゴールが見つかり、ゴールを達成できるマインドの使い方を学びます。すでにゴールを持って行動しているあなたでも、さらに現状の外側のゴールが見つかり、それに向かって走っていけるようになります。

自分の新たな可能性を見つけて人生を変えたい人は、パーソナルコーチングのセッションを受けるのがオススメです。

次に、パーソナルコーチングのセッションを、ゲシュタルト心理学の観点で説明します。

ゲシュタルト心理学で明らかにされていることは、人間は外部の情報が内面のリアリティーに一致するように秩序を求めるということです。

ゲシュタルトとは、人間の精神の全体性を持ったまとまりのある構造、つまり統合的な人格のことです。内面のリアリティーとは、「こうあるべきだ」「こうなるべきだ」という思いのことです。

パーソナルコーチングのセッションを受けるとあなたの内面のリアリティーは、外部の情報(コーチのハイエフィカシーな意識状態)に一致するように秩序を求め始めます。(秩序を回復するエネルギーは、外部の情報とあなたの内面のリアリティーの隔たりが大きいほど、大きなエネルギーを生みます)

人間は、潜在的に複数のゲシュタルトを持つことが出来ますが、臨場感のあるホメオスタシス(恒常性維持機能)を維持できるゲシュタルトは、同時に一つだけです。ゴールの世界のゲシュタルトと現状のゲシュタルトのどちらかがあなたの自我に選ばれ表に出ます。

パーソナルコーチングのセッションを受け、あなたの無意識の中でゴールの世界のゲシュタルトが選ばれ表に出てくることで、ゴールの世界が実現されるようになります。

よくある質問は、こちらから

参考にしていただけたら幸いです。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺 実