あなたにとっての真実のゴールとは【苫米地式コーチング】

現状の外側と現状の内側のゴール設定。その違いは何でしょう?それは、現状の自分から、自己改革が可能かどうかです。

でも、ゴールが達成できれば、現状の内側でもいいんじゃないか。そう考えてしまうのも無理はありません。

たとえば、今の会社で営業成績を上げたいというゴールがあったとします。それで、無事、ゴールが達成されて昇進できたとします。それは、とてもいいことじゃないかというのもわかります。

でも、よく考えてみてください。今のまま営業成績が良くなって会社の社長になれたとします。それは、自分が心から望むゴールと本当にいえるでしょうか?

ひょっとしたら会社の上司や同僚、親や世間からの刷り込みで、そう思わされていただけだとは考えられないでしょうか?もしそうだとしたら、あとで後悔することになるかもしれません。

現状の内側のゴールが達成される危険性は、現状に縛られてしまい、ますます自分の本当にやりたかったことが見えなくなってしまうことです。現状の自分が本当に自分の心から望む選択の結果なのかどうかは、よくよく注意して考えたほうがいいのかもしれません。

コーチングでは、現状の外側にゴールを設定するのが原則になっています。それには、2つのメリットがあります。

1、自分の新たな可能性が見つかる
2、心からやりたいことが出来るようになる

現状の自分から、自己変革が可能になります。後で後悔のない人生にすることができます。

私たちは、RASとスコトーマの関係で過去に重要だと思っていたことしか見ることができません。だから、私たちの新たな可能性は制限されています。

現状の外側にゴールを設定することで、あなたにとっての真実のゴールが見えてくるようになります。

現状の外側のゴールとは、あなたが現状では絶対に達成が不可能と思われるようなゴールのことです。でも、達成出来たら心の底からうれしい。そう思えるようなゴールのことです。そんなゴールをなるべくたくさん探すようにしてください。それをノートに書き留めておいてください。経験的に言って、後で読み返した時に、すごく役に立ちますよ。

現状の外側のゴール設定については、こちらから

参考にしていただけたら幸いです。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺 実