ゴールが達成できるマインドの作り方【苫米地式コーチング】

前回の投稿では、自分に捕らわれなくなるための技を学びました。

あなたは、マインドの内側にある現実を変えられるようになりました。今日はさらに強力なマインドの内側の現実を変えていく方法を学びましょう。

ドリームキラーは、他人やテレビだけではありません。あなた自身のマインドの中にも潜んでいます。

それは、ネガティブなセルフトークです。ぼそぼそつぶやいたり、無言で心の中で思ったりするものです。セルフトークがネガティブになってしまいがちなのは、ネガティブなことが記憶に残りやすいからです。

私たちに見えているのは、失敗の総合で目の前の現実世界は失敗の結果です。マインドを変えない限り、あなたの過去が決めた自分の意見や考え方は毎日コピーされ強化されることになります。

そこから抜け出す方法を、これから学んでいきます。

ステップ1 ネガティブなセルフトークが出てきたら意識に上げる
ステップ2 それを吟味する
ステップ3 ラベル付けをする
ステップ4 ゴールに関係あるものは、「T」関係ないものは、「N] 雑念は、「D]という具合に、セルフトークを評価する。

*「T」は、True(真実) 「N]は、Null(値なし)「D]は、Dilutionの略。

雑念とは、セルフトークをすることで感情的になったり、別なことを考えたりした場合です。

重要なことは、自分のセルフトークを外側から評価することができるようになることです。それができれば、マインドの内側が自然と変わります。あなたが心から望む未来が実現できるマインドに変わるのです。

参考にしていただけたら幸いです。

苫米地式コーチング認定コーチ 渡辺 実