アファメーションのつくり方【苫米地式コーチング】

次の11のルールを守って的確に行う!

1、一人称であること
一人称で書き、主語を「私」にします。内容も個人的なものにする。

2、肯定的に書く
「こうなりたくない」「欲しくないもの」は排除し、「こうなりたいもの」「欲しいもの」についてのみ書く

3、現在進行形で書く
「今まさに~している」「今、起こっている」などのように、現在進行形で書く

4、「達成している」という内容にする
「私は、~を持っている」「私は、~だ」「私は~をする」などの言い回しを使って、すでに達成しているという内容にする。逆に、「私は、~することが出来る」「私は、~したい」「私は、~しなければならない」という表現を使ってはならない。

5、決して比較をしない
自分自身の変化と成長のみをしっかりと思い描き「他人と比較してこうだ」という記述はしないようにする

6、一行動を表す言葉を使う
打ち解け、くつろいだ態度でそれを成し遂げている自分自身の行動を表現する言葉を使い、その様子を書く。

7、感情を表す言葉を使う
ゴールを達成した時に、あなたがいかに行動するか、その感動をあなたに正確に呼び覚ます言葉を使って書く

8、記述の精度を高める
的確で詳細な記述になるように、言葉の精度を高め、言葉の中に、不要なあいまい性がないかをよく検討し、それがあるときは書き改める。

9、バランスを取る
ゴールの中に、あなたの人生における様々な分野を調和よく組み合わせる。それは、家庭、余暇、社会(地域)、精神性、教育、ビジネス、健康、婚姻関係、キャリア、財産などについてよく調和させ、ひとつひとつのアファメーションが互いに矛盾しないものにする

10、リアルなものにする
アファメーションの中にゴールを達成した自分の姿が見えるくらい、リアルな記述にする。

11、秘密にする
あなたの個人的なアファメーションのほとんどは、誰かと共有する必要はありません。

(Visited 4 times, 1 visits today)