成功を邪魔する情動記憶【苫米地式コーチング】

ほとんどの人は、良い結果を生み出すことを妨げるハビットとアティチュードを驚くほどたくさん持っているといえます

有能な人物になることを邪魔する情動記憶がマインドに根付いているということです。

情動記憶によって、感情レベルで痛いだろ、恥ずかしい思いをするだろう、傷つくだろうといった情報を知覚すると、あなたは無意識のうちにそれを拒絶します。

自分にとって居心地が良い状態を維持しようとするホメオスタシスが働いて、その状況から逃れるでしょう。結果に対してネガティブな感情を持つあなたにとって、その方が心地いいからです。

したがって、私たちはこのような無意識の行動や選択を変える必要があります。

だから、ハビットとアティチュードを変えることなしにゴール設定をしても、何をすればいいのかわからないまま、ゴールをあきらめることになってしまいます。

過去の情動に働きかける最高の方法は未来に対する働きかけです。

(Visited 4 times, 1 visits today)