あなたは過去の中で生きている【苫米地式コーチング】

私たちは過去の中に生きています。

なぜならば、目の前の現実とその延長線上としての未来は、すべて過去の情動記憶が重要だと決めたものだからです。

私たちは、情動記憶が重要だと決めたものしか、RASのフィルターによって受け取ることが出来ません。そうでないものは、スコトーマによって隠されてしまうのです。

ということは、今日という日は昨日の延長であり、あなたは現在、過去に生きているということになります。 今日が昨日と同じであるならば、明日は必要ないはずです。

私たちが明日を必要とするためには、まず、日々自分の目の前に見える、自分自身の現実世界について、ひとつひとつどういう情動記憶がかかわって、それを自分に見えるようにしているか考え、判断することが重要です。

(Visited 1 times, 1 visits today)