人は現状を維持しようとする【苫米地式コーチング】

本気で人生を変えたい人の応援をするためにメルマガを始めました。
「他者の内部表現の書き換えて人生を変える方法」を学ぶことが出来ます。

自分を変えるためには自分と他人との関係を書き換える必要があります。

そうすれば、あなたは世界に魔法のような影響を与えられるようになります。
そのためには、直接他人に対して働きかけてもうまく行きません。

あなたが作り出した臨場感空間に他人を引き込むことで圧倒的な影響が与えられるようになります。
そのために必要なのが、変性意識です。

人生を変えたいという方にはぜひ知ってもらいたい技術です。
分らないことは、質問してもらえたらお答えしたいと思います。

メルマガの登録は、こちらから

ブリーフがその人のパフォーマンスを決定するということは、人がブリーフ以上の力を発揮することは出来ないということです。

それは、セルフレギュレーションの働きがあるからです。

人はたえず、セルフレギュレーションを繰り返す存在です。目の前の現状とその延長線上としての未来を維持するためには、人はブリーフシステムに合致しない、あるいは違反する行動を取ろうとしません。

新しいことをしようと思っても、それは現状を維持していかなければならないというセルフレギュレーションに防御されて、意識に現れることはありません。

なぜなら、ブリーフシステムに違反することを受け入れると、それが新しいブリーフとなり、目の前の現状が変わってしまい、今のゲシュタルトも崩れるからです。

つまり、現状と現状のゲシュタルトを維持するために、人は無意識のうちに、ブリーフシステムに違反する新しい行動をすべて排除しているということなのです。

(Visited 3 times, 1 visits today)