コンフォートゾーンから外れると【苫米地式コーチング】

 

コンフォートゾーンは、人間にどのような作用をもたらすのでしょうか。

自分がコンフォートゾーンから外れていると感じたときは、落ち着かない気持ちになります。これが原因で、人は何かにつけ失敗をするようになります。

例えば、つまずく、机のものを落とす、コーヒーをこぼすなどです。

コンフォートゾーンの外にいると、自分の記憶から情報を引き出すことすらできなくなってしまいます。

また、コンフォートゾーンの外に入ると、情報のインプットも遮断されます。何かを支持されたり、説明を受けたりしても、その内容をきちんと受け取れなくなるのです。

空に、コンフォートゾーンから外れたときは、肉体的な緊張も生まれます。たとえば、声が上ずる、動作がぎこちなくなるなどです。胃液の分泌も方になり、そのせいで胃痛が生じることもあります。