エネルギーと創造性の源【苫米地式コーチング】

高いゴール設定により生じるエネルギーだけでゴールを達成できるわけではありません。そのためには、アイデアも必要です。アイデアとは、ゴールを達成するための創造性です。

人が創造性を発揮するときは、混乱と無秩序の中にいるときです。もし、状況が、すでに自分が想定する、「あるべき姿」であれば、無意識は創造性を生み出しません。

混乱と無秩序の状況の中にいるからこそ、無意識のレベルで創造性が発揮されるのです。

創造性を発揮するにはどうすればいいのでしょうか?それは、私たちがゴールを設定するにあたり、意図的に今の現状を一度壊すという方法です。ゴールの設定によって、混乱を引き起こして、秩序を回復するためのエネルギーと創造性を生み出すのです。

現状の壊し方は、現状のゲシュタルトにゴールのゲシュタルトを投げ込むだけです。

ゴールの世界のリアリティーを高め、ゴールを達成し満足している自分に強いリアリティーを感じれば、ゴールのゲシュタルトが選ばれ現状のゲシュタルトは壊れます。

壊れたゲシュタルトを回復しようとしても、ゴールのゲシュタルトに強いリアリティーを感じている以上、現状のゲシュタルトが回復されることはありません。

その時、人間は、ゴールの世界のゲシュタルトを実現するようにエネルギーと創造性を発揮し始めるのです。これもまた、人間のホメオスタシスの作用です。