I×V=R(イメージ×臨場感=リアリティー)【苫米地式コーチング】

I×V=Rというのは、ルー・タイスプリンシプルの方程式です。Iは、イメージ、Vは臨場感、Rはリアリティーです。

イメージ×臨場感がリアリティーを作るということです。

認知科学以前は物理世界のことをリアリティーと呼んでいましたが、認知科学以降は、臨場感のある世界のことを指すようになりました。

つまり、映画を見て、映画の世界に浸っているときは、映画の世界がリアリティーであるということです。映画の世界は現実ではなく虚構だと販路bbされるかもしれませんが、臨場感があればそれがリアリティーなのです。

実際、映画を見ているときは、ホメオスタシスがその世界に置いて働いています。映画の中でビルが爆弾で吹き飛ばされれば、見ている人はちゃんとドキッとします。ホメオスタシスにとって、それがリアリティーになっているということなのです。