ゴールの世界のセルフイメージ【苫米地式コーチング】

本気で人生を変えたい人の応援をするためにメルマガを始めました。
「他者の内部表現の書き換えて人生を変える方法」を学ぶことが出来ます。

自分を変えるためには自分と他人との関係を書き換える必要があります。

そうすれば、あなたは世界に魔法のような影響を与えられるようになります。
そのためには、直接他人に対して働きかけてもうまく行きません。

あなたが作り出した臨場感空間に他人を引き込むことで圧倒的な影響が与えられるようになります。
そのために必要なのが、変性意識です。

人生を変えたいという方にはぜひ知ってもらいたい技術です。
分らないことは、質問してもらえたらお答えしたいと思います。

メルマガの登録は、こちらから

人はふつう、「現状というコンフォートゾーンのリアリティー」と「ゴールの世界に作られたコンフォートゾーンのリアリティー」という最低2つの潜在的なリアリティーを持っています。(ゴールがない人は、現状維持がゴールになってしまう)

そして、ルー・タイスの方程式が示している内容は、ゴールのほうのリアリティーを圧倒的に高めればゴールの世界が選ばれ、それが現実になるということです。

当然ですが、I×VのIとは、セルフイメージそのものです。

ゴールの世界を実現するには、ゴールの世界のセルフイメージを現状のセルフイメージよりもはるかに強烈にしなければなりません。

つまり、ルー・タイスの方程式は、ゴールの世界のセルフイメージの臨場感が上がれば、それが現実になるということを意味しています。そのためにはまず、ゴールの世界のセルフイメージを作らなければなりません。

(Visited 15 times, 1 visits today)