ゴールの世界が現実になる【苫米地式コーチング】

もちろん、ゴールの世界は、人それぞれ抽象度が高く漠然としたものかもしれません。戦争と差別のない世界というゴールなどがそうでしょう。

そのような世界のセルフイメージを作ることはむつかしいですが、それでも、戦争と差別のない世界にいる自分のセルフイメージを作らなければなりません。

だから、必ずしもゴールがリアルである必要はなく、ゴール側のコンフォートゾーンの中にいる自分のセルフイメージがリアルなものになればいいということになります。

そのセルフイメージに臨場感を持たせると、I×V=Rのリアリティーが強化され、ゴールの世界が現実になるわけです。

別の表現をすれば、馬の口にニンジンが入っていようがいまいが、にんじんをくわえている自分の世界をしっかりイメージすることが重要であり、ニンジンそのものは重要ではないということです。

ただし、その時の自分の姿は、きわめてリアルなものにしなければならないのです。

これがまさにルー・タイスの方法論であり、アファメーションがその中心的な技術である理由も理解できると思います。